「治山研究発表会」優秀賞 小椋さんが福島県庁で受賞報告

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 治山事業などに携わる都道府県職員らの技術向上を目的とした「治山研究発表会」で優秀賞を受賞した県北農林事務所森林土木課の小椋佳技師(29)は16日、県庁を訪れ、佐竹浩県農林水産部長に受賞を報告した。

 小椋さんは災害発生時における効率的で安全な測量方法を研究。解析ソフトとハンディー型の衛星利用測位システム(GPS)を使ってドローンによる撮影画像を解析した。

 小椋さんは「分かりやすいマニュアルを作って普及させていきたい」と今後の抱負を語った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進