福島大がAO入試「出題ミス」 共生システム理工学類53人受験

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島大は13日に実施した同大共生システム理工学類AO(アドミッション・オフィス)入試で出題ミスがあったと発表した。出典から問題文への転記ミスで、文法的に正しい解答を導けない設問となっていた。同大は解答者全員を正解として扱う。合格発表は18日。副学長らが17日、県庁で記者会見して発表した。

 ミスがあったのは第2次選抜の総合問題で53人が受験した。英文を読んで、意味に合うようにかっこ内の単語を並べ替える問題だったが、出典では複数形だった単語が単数形で記載されていたため、文法的に正しい単語を並べることができなかった。同大の出題委員が転記の際に誤った。

 この設問の配点は、総合問題300点満点中、20点。16日午前に受験生が通う高校の教諭から指摘があり、ミスが発覚した。同大によると、この設問を全員正解にしても合格者の範囲は変わらず、合否への実質的な影響はなかったという。副学長は「受験者らに多大な迷惑を掛けおわび申し上げる。再発防止に努める」と謝罪した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進