一匹も無駄にしない!伝統のサケ漁「合わせ網漁」 楢葉・木戸川

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
伝統の「合わせ網漁」で取れたサケ=17日午前、楢葉町・木戸川

 サケの遡上(そじょう)地で知られる楢葉町の木戸川で17日、木戸川漁協による伝統の「合わせ網漁」が本格的に始まった。漁協関係者が川幅いっぱいに張った網に遡上するサケを追い込み、1回で約25匹を水揚げした。

 サケ漁は震災と原発事故後4年目。震災前、木戸川には約7万匹が遡上したが、震災後数年は人工的にふ化したサケの稚魚放流ができず、2016(平成28)年に再開してから漁獲量は伸び悩む。

 昨年は一昨年よりも半数ほどの3414匹にとどまったが、サケは4~5年で川に戻るため、同漁協はここ1、2年を底打ちと見込んでいる。

 今年は9日から漁を開始。サケの切り身やイクラを扱う直売所も営業を始めた。漁は11月中旬まで続く見込みで、同漁協は、ふ化場で稚魚を育て来春に1000万匹の放流を目指す。

 ふ化場長の鈴木謙太郎さん(36)は「少し小ぶりで物足りないが、今年も秋にしっかりと帰ってきてくれた。一匹も無駄にしないでふ化事業につなげたい」と話した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進