豊間中にグランドピアノ届く 被災地支援、千葉の工藤さん寄贈

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
西村さん(右)の伴奏で校歌を歌う豊間中の生徒ら

 東日本大震災の被災地に、使われなくなったピアノを修繕して贈る支援活動「スマイルピアノ500プロジェクト」の贈呈式が15日、福島県いわき市平豊間の豊間中で行われ、同校にグランドピアノ1台が寄贈された。

 同プロジェクトは東京都のピアニスト西村由紀江さん(51)を中心に、2011(平成23)年から活動を続けている。寄贈は今回で55台目。同校のピアノ1台が老朽化したことを受け、寄贈した。

 ピアノの所有者は、千葉県柏市の工藤康二さん(62)。昨年亡くなった妻真理子さんが約40年間愛用していた物で「亡き妻のピアノを誰かに活用してほしい」と寄贈した。

 贈呈式には、西村さんと工藤さんが訪れた。西村さんは全校生徒49人が見守る中、寄贈したピアノで「微笑みの鐘」「ビタミン」などを演奏。同校箏曲部と「島唄」を合奏し、式に花を添えた。

 最後は西村さんの伴奏に合わせて、全校生が元気に校歌を歌った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進