郡山で重機に挟まれ44歳男性死亡 除染土搬出作業中に労災事故

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 18日午前9時10分ごろ、郡山市、建設機械販売会社の敷地内で、除染土の搬出作業をしていた別会社の社員、喜多方市、男性(44)が重機2台の間に挟まれた。男性は胸を圧迫され死亡した。郡山北署が労災事故として原因を調べている。

 同署によると作業中の男性が、他の作業員が運転のバックホーと駐車してあったダンプの荷台部分の間に挟まれた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進