データ改ざんで「いわき市医療センター」免震装置に不適合疑い

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
不適合の疑いがある免震装置が使用されているのが判明したいわき市医療センター

 いわき市の総合磐城共立病院は18日、建設中の新病院「市医療センター」に使用している免震オイルダンパー28基が、国土交通省発表のデータ改ざんの疑いがある製品の型番と一致していたと発表した。

 新病院は12月25日の開院予定。同病院は、震度6強~7程度の地震で倒壊する恐れはないとする国交省の見解を踏まえ「予定通り開院する」とした。

 同病院は引き続き同社に確認中で「不適合製品だった場合は速やかに交換を求める」としている。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進