最優秀賞に門脇さん、馬場さん ふくしまっ子ごはんコンテスト

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
小学校上学年の部で最優秀賞に輝いた門脇さんの「福島の伝統料理!夏バテ予ぼうのカラフルご飯」

 小、中学生がコメを主食に献立を考え、食事を作る「ふくしまっ子ごはんコンテスト」で、門脇夢奈さん(郡山市・朝日が丘小6年)の「福島の伝統料理!夏バテ予ぼうのカラフルご飯」が小学校上学年の部で、馬場晶珠さん(須賀川市・須賀川二中1年)の「まるまる岩瀬きゅうり弁当」が中学校の部でそれぞれ最優秀賞に選ばれた。県教委が18日、最終審査結果を発表した。

 門脇さんはうるち米を使った南会津地方の郷土料理「しんごろう」やナスとオクラのみそ汁、サラダ、いり卵など彩り豊かな献立を考案。馬場さんはキュウリを具材にちらしや肉巻きしょうが焼き、ふりかけなど趣向を凝らしたオリジナルメニューを作った。

 過去最多の1万6332点の応募があった。書類選考を経て最終審査会が14日に福島市で開かれ、山際食彩工房(会津若松市)の山際博美代表らが審査した。表彰式は来年1月7日、福島市の杉妻会館で行われる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進