「江戸時代に会津移住した先祖いる」...150年の時超え子孫対面

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
南会津町にある「小林清五郎改め、居倉半三郎」の墓

 長野県箕輪町の小林家に「江戸時代に会津に移住した先祖がいる」との伝承があった。小林家の一族で、東京都府中市でフリー編集者をしている小林渡さん(44)=箕輪町出身=は、本家の位牌(いはい)を調べ、先祖の子孫が南会津町に健在なことを突き止めた。13日に南会津町の子孫方を訪ね、約150年の時を経て子孫が絆を確かめた。

 家系図づくりを行っていた小林さんが、位牌などの記述から5代前の先祖の兄・小林清五郎が江戸後期に「奥州会津荒海村川島」に移住し、名前を「居倉半三郎」に改名したことをつかんだ。現在地は南会津町川島に当たり、今年4月に南会津町役場に相談すると、居倉家は町内に数軒あることが分かり、そのうち本家の居倉徳夫さん(84)と対面できることになった。

 13日の居倉さん方での念願の対面。小林さんと父の哲夫さん(75)、小林家の本家の将生(のぶお)さん(46)の3人が訪れ、居倉家側も徳夫さん夫婦や息子夫婦、いとこ一家など10人で出迎えた。居倉家も珍しい名字のため長年にわたり先祖を探っていたが、度重なる火事で記録がなかった。徳夫さんは「先祖がつないだ縁。この交流をさらに深めていければいいな」と語った。

 居倉家の墓参りを行い、「小林清五郎改め、居倉半三郎」の文字と戒名が刻まれた墓石を発見した。小林家の位牌の手掛かりと一致した。小林さんは「言い伝えは本当だった。先祖の子孫に会えて感無量」と喜んだ。ただ南会津に移住した経緯は不明のまま。小林さんは「これからも両家のつながりを大事に、新しい歴史を築きたい」とした。

 感動の対面から数日後、小林清五郎に関する進展があった。箕輪町にある小林家の墓石を調べたところ、小林清五郎の戒名が刻まれた墓石があった。没年は「1853(嘉永6)年」。小林さんは「小林家にも弔った証拠があり、かつては両家に往来があった。また南会津を訪ねたい」と語った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進