京都競馬場に「菊の千輪咲」展示 『二本松菊人形』のぼり旗でPR

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
二本松市から搬出される菊の千輪咲

 日本中央競馬会京都競馬場で行われるG1レース「菊花賞」に合わせ、二本松市の「菊の千輪咲」が20日から、同競馬場に展示される。同市から17日に搬出、18日に同競馬場に搬入された。展示期間は競馬開催期間の28日まで。

 同競馬場には千輪咲のほか「百多輪」「笠菊」が展示される。二本松菊人形をPRするのぼり旗、看板も並ぶ。展示場所はシンザンゲートから入ったスタンド入り口付近。展示には二本松市出身の田辺裕信騎手の父敏勝さんが尽力した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進