「大イチョウ」ライトアップ始まる 昭和・喰丸小に幻想的風景

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ライトアップが始まった大イチョウ

 昭和村の交流・観光拠点施設「喰丸小」で19日から、シンボルツリーの大イチョウのライトアップが始まり、訪れた人が幻想的な風景を楽しんでいる。

 樹齢110年を超える、約20メートルの大イチョウがライトで浮かび上がり、廃校を利用した施設とともに絶景を演出している。時間は午後5~8時ごろ。落葉する11月上旬ごろまで点灯する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進