南相馬沿岸に「水陸両用車」上陸!陸上自衛隊が11月・防災訓練

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 陸上自衛隊は19日、東北地方で大規模地震が発生したとの想定で11月に実施する防災訓練「みちのくALERT2018」の概要を発表した。

 陸自の水陸両用車AAVが南相馬市の沿岸に上陸し、米軍の輸送機MV22オスプレイ4機が航空自衛隊松島基地(宮城県東松島市)と陸自霞目駐屯地(仙台市)などを拠点に患者や物資を運ぶ。

 訓練は11月9~11日に実施。南相馬市では陸自の水陸両用車3両が沿岸に上陸し、倒壊した家屋から住民を救出する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進