川崎競馬場で福島県産品PR 田村市などが芝生広場にブース

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
福島県産品を紹介する「秋の福島@川崎競馬場 地元の名産品フェア」

 川崎市の川崎競馬場で19~21日、本県産品を紹介する「秋の福島@川崎競馬場 地元の名産品フェア」が初めて開かれている=写真。県や田村市など10企業・団体が内馬場芝生広場にブースを設け、ご当地グルメや農産物、観光地を首都圏の競馬ファンに発信している。

 本県復興を応援しようと首都圏の9都県市首脳会議で、神奈川県が開催を提案した。18日は全農県本部の協賛で「福島のおいしいお米『天のつぶ』記念」と冠するなど、本県をアピールする3レースが行われた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進