大きい「サルナシ」とれた 玉川の児童が収穫体験

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
サルナシの収穫を体験した児童

 玉川一小3年生は20日までに、玉川村・岩法寺の畑で特産のサルナシの収穫を体験した。

 村さるなし生産組合などが企画し、児童約50人が佐久間勝さんの畑を訪問した。

 児童らは畑を歩きながら大きく実ったサルナシをもぎ取って食べ、パックいっぱいに詰めた。

 また、サルナシについて生産者らに質問するなどして、地元の特産品に理解を深めた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進