黄金の彩り「中津川渓谷」 裏磐梯で色づき深まるカエデやブナ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
木々の色づきが深まりだした中津川渓谷

 猪苗代町と北塩原村にまたがる裏磐梯の中津川渓谷の木々の葉が色の濃さを増し、カエデやブナなどが黄金の彩りを演出している。

 同町の磐梯吾妻レークライン沿いの中津川渓谷レストハウスによると、夏の猛暑の影響で赤の色づきは弱いが、カエデなどの黄色は順調。色づき始めが例年より約1週間遅かったため、紅葉は今月いっぱい楽しめるという。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進