お得な観光体験 喜多方で電子チケットアプリ実験

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
アプリを利用する参加者(左)

 スマートフォンなどを使い、喜多方市の食や体験などで優遇サービスを受けられる電子チケットアプリの実証実験が23日、同市で始まった。実験を行う、地元の若手経営者らでつくる会津喜多方グローバル倶楽部などは来年度にも正式導入を目指す。

 アプリの名前は「キマ☆チケ」。利用者は協力店が配信する電子チケットや商品とサービスを組み合わせた周遊セットなどを選択。協力店でアプリを提示すると、さまざまなサービスが受けられる。

 同日は会津大の学生や関係者ら50人が参加。アプリで入手した周遊セットで市内の店舗を利用し、せんべい焼き体験を楽しんだり、優待価格でラーメン、ソフトクリームを食べるなどして、アプリの使い勝手などを確認した。

 同大3年の学生(21)は「使い勝手が良く、若い人には良いアプリだと思う」と話した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進