健やかな成長願い「千歳飴」袋詰め 福島稲荷神社で作業本格化

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
七五三参りを前に、丁寧に袋詰めされる千歳飴=福島市・福島稲荷神社

 11月15日の「七五三」を前に、福島県福島市の福島稲荷神社では、七五三に欠かせない千歳飴(あめ)の袋詰め作業が本格化している。

 千歳飴は、昔ながらの製法で作られる無添加の飴を使用。神職が子どもたちの健やかな成長を願いながら「寿」の文字に「松竹梅」「鶴・亀」などが描かれた袋に、紅白計3本の飴が一つ一つ丁寧に収められている。

 作業は今月いっぱい続く見通し。今後は週末を中心に参拝者が増え、境内には晴れ着姿の子どもや家族などの笑顔が広がるという。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進