乗用車の83歳男性死亡 白河の市道、大型トラックと衝突

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 白河市関辺関山口の市道で22日午後3時40分ごろ、塙町、男性(83)の乗用車と郡山市、会社員(45)の大型トラックが衝突した。男性は約10時間後、塙町の病院で死亡した。福島医大で24日、司法解剖したところ、死因は大動脈損傷と判明した。

 白河署によると、男性は当初、軽傷とみられていたが、容体が急変したという。このほか、男性の車に同乗していた妻(81)が軽いけがをしたもよう。大型トラックの運転手と、事故後に乗用車と接触した小型トラックの白河市の会社員男性(61)にけがはなかった。

 同署によると、現場は信号機のない十字路交差点。同署は乗用車と大型トラックが出合い頭に衝突したとみて原因などを調べている。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進