「ドラフト指名」福島県勢は3投手 東日本国際大から初のプロ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
西武の指名を受けて喜ぶ粟津投手=25日、いわき市・東日本国際大

 都内で25日に開かれたプロ野球ドラフト会議。本県関係の梅津晃大(東洋大4年、仙台育英高卒、福島市生まれ)、粟津凱士(かいと)(東日本国際大4年)、湯浅京己(あつき)(富山GRNサンダーバーズ、聖光学院高卒)の3投手が指名を受け、プロ入りの切符をつかんだ。高校時代は甲子園のマウンドにも立てなかった3投手。プロを目指して選んだ道でそれぞれの花を咲かせた。

 西武4位・粟津「大学の名前背負う」

 東日本国際大から初のプロ野球選手が誕生する。西武から4位指名を受けた粟津凱士投手は「大学の名前を背負い、1軍で活躍できる投手を目指す」と抱負を語った。

 山形県出身。高校卒業で野球をやめるつもりだったが、指導者らの勧めもあり同大に進学した。2年生の時から約1年間かけて磨いた2種類のシンカーを武器に、今年の全日本大学野球選手権大会2回戦で完封勝利を収めるなどその才能を開花させた。目標は同じ横手投げからのシンカーを武器に活躍した元西武の潮崎哲也さん。「潮崎さんに追い付き、超える投手になる」と闘志を燃やす。

 同大からプロ志望届を提出していた船迫大雅投手は社会人、有馬昌宏、山本竜豪の両選手は独立リーグを目指す。

 阪神6位・湯浅「覚悟持って挑む」

 阪神から6位指名を受けた富山GRNサンダーバーズの湯浅京己投手は、高卒1年目で念願のプロ入り。「1年目から活躍できるよう、覚悟を持って挑みたい」と意気込む。

 三重県出身。聖光学院高入学後は腰の成長痛に苦しみ、2年の秋までマネジャーとしてチームの裏方に徹した。回復後は球速が130キロ台中盤を記録。冬を越えると、140キロ台中盤まで上がった。しかし、課題の制球力から甲子園はベンチ外。卒業後はプロ野球独立リーグ(BCL)に入り、今季は15試合を投げ、3勝7敗だった。最速147キロの直球は今も更新を続ける。

 聖光学院高の斎藤智也監督もその潜在能力の高さと成長には大きな期待を寄せる逸材。「(湯浅は)未完の大器。底知れぬ可能性を持っている」と飛躍を願った。

 中日2位・梅津「ゼロからのスタート」

 中日から2位指名を受けた福島市生まれの梅津晃大投手は、身長187センチの長身から投げ下ろす投球が魅力の本格派右腕。「高身長を生かしてスケールの大きい投手になりたい」と活躍を誓う。

 東洋大からはいずれも投手の上茶谷大河がDeNA、甲斐野央がソフトバンクに1位指名。トリオでの指名に梅津は「入団したらゼロからのスタート。負けないように頑張りたい」と2人へのライバル心を口にする。

 中日には憧れの選手、松坂大輔投手も在籍。「松坂さんに投球術などを教えてもらえれば」と話した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進