「みずウオーク西郷大会」27日スタート キョロロン村が発着点

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
大会幕を設置する関係者

 「うつくしま・みずウオーク2018源流の郷・西郷大会」は27日、西郷村家族旅行村「キョロロン村」を発着点に開かれる。大会前の26日には、大会幕やテントなどが設置された。同村、福島民友新聞社、読売新聞社、福島中央テレビ、県ウオーキング協会による実行委員会の主催。

 県内5会場で開かれるみずウオークの今年最後の大会。10キロ、6キロ、「まなぶん」2キロの3コースを設定している。

 26日未明に発生した地震を受け、万一に備えるため10キロのコースを一部変更して行う。

 10キロのみ当日参加を受け付ける。当日参加料は一般1000円、民友ゆうゆう倶楽部会員900円、中学生以下600円。未就学児は無料。問い合わせは福島民友新聞社事業局(電話024・523・1191)へ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進