普天間かおりさん、澄んだ歌声披露 会津若松で東北希望コンサート

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
子どもたちを前に歌う普天間さん(右)

 東日本大震災からの復興を願う「歌を絆に―東北希望コンサート」は25日、福島県大熊町の熊町、大野両小が授業を行っている会津若松市の旧河東三小で開かれ、両校や大熊中の子どもたちが、沖縄県出身の歌手普天間かおりさんの澄んだ歌声に耳を傾けた。

 民放ラジオ局などでつくる実行委員会の主催。普天間さんは「守りたいもの」「灯り」など5曲を披露した。3校の児童、生徒は現在約30人。普天間さんは「人と人が助け合うことが大切。顔と名前が分かり合う中で過ごせることはとても大事なこと」と語り掛けた。

 コンサートの終わりでは、3校の校歌を普天間さんと子どもたちが一緒に合唱した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進