元気い~っぱい!リレーや玉入れ競争 福島で「親子大運動会」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
リレーで熱戦を繰り広げる園児たち=27日、福島市・十六沼公園

 子どもたちが元気に体を動かす「第6回親子大運動会inふくしま」は27日、福島市の十六沼公園屋根付き運動場で開かれ、幼稚園児と保護者が玉入れや綱引きなど多彩な競技を楽しんだ。ふくしま未来研究会の特別協賛、JA全農福島とJA共済連福島、マクサムコミュニケーションズ、みちのく陸運の協賛。

 福島民友新聞社と同市私立幼稚園協会の主催、同市とこども体育研究所の共催。幼稚園児と保護者約100組200人が参加した。

 開会式では、二瓶和男福島民友新聞社取締役広告局長や細谷実同協会理事長らがあいさつ。園児を代表して福島めばえ幼稚園の黒沢寛佑ちゃん(6)、みその幼稚園の大野陽彩(ひいろ)ちゃん(6)、桜の聖母学院幼稚園の高橋昴丞(こうすけ)ちゃん(6)、福島わかくさ幼稚園の山崎梓ちゃん(5)の4人が「いっぱい体を動かし、運動会を楽しむことを誓います」と選手宣誓を行った。会場には、次々と競技に挑む園児らの元気な歓声が響き渡り、熱気に包まれた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進