深堀さんが最優秀賞 ミートデリカ審査福島県大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
いか人参を使った深堀さんの創作料理

 国産肉を使った創作料理のコンテスト「食肉惣菜創作発表会 2018ミートデリカコンテスト」県大会は28日、福島市で開かれ、郡山女大付高3年の深堀舞さん(18)=郡山市=が最優秀賞に輝いた。県食肉事業協同組合連合会の主催。

 「街のお肉屋さんで販売する新しい惣菜」をテーマに、県内の高校生や大学生、主婦らがエントリーした。書類審査を通過した9人がこの日の調理実技に挑んだ。調理時間60分の中、創意工夫を凝らした逸品を作り上げた。

 深堀さんは本県の郷土料理「いか人参(にんじん)」を使った肉巻き料理を作り、好評を得た。12月1日に東京都で開かれる全国大会に出場する深堀さんは「県産食材で本県の安全性を訴えたい。魅力たっぷりの本県の元気も発信したい」と意気込んだ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進