白河の食と産業一堂に パスタ世界一・山田シェフも腕振るう

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
地元食材を使用したカルボナーラを盛り付ける山田シェフ

 白河の食と産業の魅力を発信するイベント「まるごと白河」は28日、福島県白河市のJR白河駅前イベント広場などで行われた。

 パスタ世界大会チャンピオンの山田剛嗣シェフ(東京都)が白河実高の鶏卵などを使用したカルボナーラなどを振る舞った。

 同会場ではこのほか、同市の王王楼のエビシューマイ、白河ラーメンなどグルメブースが軒を連ねた。白河商工会議所青年部はバイクやスーパーカーなどの展示会を開いた。

 同市立図書館では企業・技能フェスティバルが開かれ、朝日ラバーやMGCエージレス、西郷村商工会工業部会などが自社製品などをアピールした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進