「ワカサギ釣り」11月1日解禁 北塩原・裏磐梯、紅葉も楽しんで

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ワカサギ釣り用の電動リールざおを手入れする業者

 北塩原村裏磐梯の冬の風物詩、桧原湖と小野川湖のワカサギ釣りが11月1日に解禁となる。漁期は来年3月31日まで。

 桧原漁協は今年、両湖に約2億1900万匹を放流した。

 県と漁協による放射性物質検査では、放射性セシウムが食品衛生法に定める食品の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を下回ったという。

 解禁に向け、ワカサギ釣り用のドーム船を運営する事業者が準備に追われており、桧原湖沿いの「バックス」は従業員が電動リールざおを手入れした。

 オーナーの徳田智さん(50)は「11月上旬は釣りにも紅葉にもいい時季。初心者でも楽しめるように準備している」と話した。

 問い合わせは桧原漁協(電話0241・32・3468)へ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進