女優・浅野温子さんが1人舞台 伊達・天照神明宮で上演

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
生徒を民話の世界にいざなった浅野さん

 女優の浅野温子さんが30日、伊達市の天照神明宮で、梁川中の生徒を前に1人舞台「よみ語り」を披露した。高い表現力で登場人物を演じ分け、生徒を民話の世界にいざなった。

 舞台はイオンワンパーセントクラブによる復興支援事業。浅野さんは伊達市梁川町に伝わる民話「童子丸」を基にしたオリジナルストーリーを披露した。

 屋外に設置されたステージを目いっぱいに動き回りながら物語を読んだ浅野さん。公演後には「すてきな話が地域にあることに誇りを持ち、自慢してください」と生徒に呼び掛けた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進