「東北道」老朽化した路面交換 大規模補修のリニューアル工事

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
東北道のリニューアルが進む工事現場=福島市

 東日本高速道路(ネクスコ東日本)は31日、東北道二本松―福島飯坂インターチェンジ(IC)間で行われている大規模補修の工事現場を報道陣に公開した。

 同区間では、「東北道リニューアル工事」の一環で老朽化した路面などを大規模に補修している。工事が公開された福島市の松塚川橋では、老朽化したコンクリートの路面部分の交換作業が進んでいた。

 現場付近では18日までは上下線の対面通行が行われ、22日までは下り線のみ車線を規制する。同区間では3、4の両日には、上り線で約20キロ、下り線で15キロの渋滞が予想されているという。

 同社福島管理事務所の鈴木永之所長は「交通量が多くなる時期。渋滞を避けられるように、公式サイトなどで渋滞時間の予想を確認してほしい」と話した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進