2019年の干支「亥」...縁起物作り最盛期 郡山・高柴デコ屋敷

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
最盛期を迎えたイノシシの縁起物作り=郡山市・デコ屋敷本家大黒屋

 郡山市西田町の高柴デコ屋敷で、来年の干支(えと)の亥にちなんだ縁起物作りが最盛期を迎えている。

 創業300余年のデコ屋敷本家大黒屋では21代目の橋本彰一さん(43)らが昔ながらの製法を守りながら、今年6月から作業をしている。和紙を張り重ね、白い胡粉が塗られた張り子に顔料で絵付けし、豊かな表情を描いている。

 イノシシの張り子に「猪突(ちょとつ)猛進。一心不乱で、突っ走る年になれば」と願いを込めた橋本さん。作業は来年1月いっぱいまで続くという。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進