「木戸川の水」ボトル販売開始 国内最高水準の放射性物質検査

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 楢葉、富岡、広野、大熊、双葉5町でつくる双葉地方水道企業団(企業長・松本幸英楢葉町長)は2日、本州有数の清流として知られる楢葉町の木戸川の水をボトル詰めした飲料水の販売を開始した。国内最高水準の放射性物質検査を実施した水の普及を通し、風評の払拭(ふっしょく)と帰還を目指す町民の安心につなげる。

 販売する水は、企業団が楢葉町に設置した小山浄水場で浄化。浄水場では24時間体制で1時間ごとに自動で放射性物質を測定できる高性能機器を国内で初めて導入している。浄化後に再度、清涼飲料水の製造販売会社「秩父源流水」(埼玉県)で放射性物質検査を行うほか、塩素を抜き加熱殺菌する。

 水は500ミリリットル入りで価格は1本110円(税込み)。当面は楢葉町上小塙の企業団事務所で販売するが、福島市のコラッセふくしまや県庁内の売店、富岡町のJR富岡駅などで順次、取り扱う予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進