若松・野中さん親子が東北切符 クッキングコンテスト福島県大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「会津の恵みたっぷりごはん~野中家風」

 第12回全国親子クッキングコンテスト福島県大会は3日、福島市で開かれ、会津若松市の野中律さん(謹教小6年)、彩美さん親子が優勝した。12月9日に盛岡市で開かれる東北大会に出場する。県都市ガス協会、県LPガス協会の主催。

 地区予選を通過した親子5組10人が出場、「わが家のおいしいごはん~家族で一緒に作ろう・うちの自慢メニュー」をテーマに調理した。

 野中さん親子は「会津の恵みたっぷりごはん~野中家風」と題し、会津地鶏の「よだれ鶏」やこづゆ風スープなどを作り、会津地方の食材や郷土料理のおいしさを表現した。

 東北大会で優勝すれば、来年1月27日に東京都内で開かれる全国大会に進む。

 律さんは「会津地鶏をより柔らかく調理できるようにして東北大会に臨みたい」、彩美さんは「東北大会で、会津のおいしいものを知ってもらいたい」と意気込みを話した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進