100周年締めくくる「秋の福島競馬」開幕 初日は1万905人が歓声

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
迫力あるレースが繰り広げられた秋の福島競馬=3日午後、JRA福島競馬場

 福島競馬場開設100周年を締めくくる「秋の福島競馬」が3日、福島市のJRA福島競馬場で開幕した。大勢の競馬ファンが訪れ、迫力のレースに歓声を上げた。18日までの土、日曜日の計6日間開かれる。

 初日の来場者数は前年比約15.6%増の1万905人と好調で、売り上げは43億9935万円だった。11日に重賞レースの福島記念(G3)、最終日の18日にはオープン特別の福島民友カップが行われる。

 100周年にふさわしく多彩な催しも繰り広げられる。11日は俳優の沢村一樹さんが来場し、午前11時20分ごろからトークショーに出演する。

 18日は、いわき市出身のモデル・女優の武田玲奈さん、東北楽天ゴールデンイーグルスの則本昂大投手が福島民友カップのプレゼンターを務め、トークも披露する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進