森林づくり次世代に 海老蔵さんら参加、南相馬・ふくしま植樹祭

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
クロマツの苗を植樹する緑の少年団員と市川海老蔵さん(左)=4日午前、南相馬市鹿島区

 「第1回ふくしま植樹祭~ABMORI(エビモリ)」は4日、南相馬市鹿島区北海老の海岸防災林整備地で開かれた。天皇、皇后両陛下を同市に迎えた6月の第69回全国植樹祭の開催理念を引き継ぎ、参加者約3千人が緑豊かな県土再生を誓った。

 第6回南相馬市鎮魂復興市民植樹祭との共同開催。参加者は「未来につなぐ希望の森林づくり」を大会理念にクロマツ9千本や広葉樹1万8千本を植えた。

 内堀雅雄知事が「全国植樹祭が一過性になっては意味が薄れる。未来の世代に森林づくりをつなげたい」と主催者あいさつ。門馬和夫市長が「命を守る植樹活動を継承する決意を新たにしている」と述べた。

 長野県の志賀高原で森林再生事業「ABMORI」を主宰する歌舞伎俳優の市川海老蔵さんも特別顧問として参加。異常気象に警鐘を鳴らすとともに、海岸防災林を整備する意義を語った。

 ふくしま植樹祭は県、同市、県森林・林業・緑化協会、福島民友新聞社などでつくる実行委の主催。福島民友新聞社からは菅野篤取締役総務局長が出席した。

 次回以降は県内各地で開催予定。全国植樹祭の会場跡地には本年度中に天皇陛下の詩歌を刻む記念碑を建立して、緑化運動に取り組む本県の象徴とする。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進