鏡石で冬も「田んぼアート」 ペットボタル設置、9日お披露目

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ペットボタルを植える子どもたち

 鏡石町の「田んぼアート」を冬でも楽しめるよう、田んぼに発光ダイオード(LED)を設置するイベントが3日、町図書館北側の現地で行われた。参加した子どもたちがLEDの入ったペットボトル「ペットボタル」を植え、作品を光で彩った。

 地元農業団体などでつくる実行委の主催。町内外から約80人が参加した。ペットボタルは太陽光パネルとLEDが組み込まれ、日が暮れると点灯する仕組み。点灯後、時間の経過で光の色が変化するという。

 参加者は、今年のテーマ「うさぎとかめ」のデザインに合わせ、ペットボタル約5千本を設置。冬の田んぼアートも多くの人でにぎわうよう願いを込め、一本一本丁寧に植えていった。

 今後、実行委が手入れをして全体で約7000個のペットボタルを設置する。9日午後4時30分に町図書館4階展望室でお披露目式を行う予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進