認証柱材、初の大口出荷 持続可能な森林経営、いわきのスギ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
認証マークが付けられた柱材

 持続可能な森林経営を示す第三者認証を取得したいわき市三和地区のスギの柱材25立方メートル(住宅約10棟分)が4日までに、加工、流通段階認証を取得している事業者の連携で千葉市に出荷された。

 いわき市森林組合などによると、認証材を原材料とする製品の大口の出荷は同組合では初めて。

 認証を取得している同市の荒川材木店が加工したスギの柱材を、千葉市の丸宇住宅資材が販売する。荒川材木店で出荷式が行われた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進