郡山の県道で「除染土」積んだトラック転落 土壌1トン田んぼに

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 5日午後0時55分ごろ、郡山市の県道で、除染で出た土壌を入れた大型土のう袋を積んだ中型トラックが道路脇の田んぼに転落した。

 郡山署によると、袋には約1トンの土壌が入っており、トラックの荷台には市発注の除染で出た袋二つが積まれていた。袋に破損は確認されておらず、同署は車両ごとビニールシートで覆った。土壌は6日午後にも撤去される見通し。市によると、土壌は中間貯蔵施設に運ばれるための同市の集約拠点「積み込み場」に搬入される途中だった。

 同署によると、現場は緩やかな右カーブ。運転していた富岡町、会社員男性(32)が足に軽いけがをした。同署が原因を調べている。

 事故の影響で、現場付近は約1時間30分にわたり通行止めとなった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進