女性をワイン瓶で殴り財布奪う 強盗致傷の疑いで49歳男再逮捕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 郡山市のスナックで8月、財布が奪われ、経営者の50代女性が重傷を負った事件で、郡山署は5日午後2時10分、強盗致傷の疑いで本籍郡山市、住所不定、無職、容疑者男(49)=窃盗罪で起訴=を再逮捕した。

 再逮捕容疑は8月31日午後11時45分ごろ、同市駅前のスナックで接客していた女性をワインの瓶で数回殴り、現金約5万円の入った財布を奪って飲食代計4500円を支払わず逃走した疑い。同署によると、容疑者は黙秘しているという。容疑者はスナックに約4時間滞在。同署は現場に残された指紋や、防犯カメラの映像の解析などから、容疑者を割り出した。

 また、地検郡山支部は5日までに、8月28日に同市の飲食店で現金や財布などを盗んだとして窃盗罪で容疑者を追起訴した。逮捕時の無銭飲食容疑については不起訴とした。同支部は処分理由を明らかにしていない。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進