色彩豊かな奥会津 色鉛筆画家の金山出身・大竹さんがカレンダー

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
色鉛筆画をカレンダーにした大竹さん

 金山町出身の色鉛筆画家大竹恵子さんは、自身の作品を掲載した来年のカレンダー「故郷の色 2019」を制作した。奥会津かねやま(金山町)、あいづ湯川・会津坂下(湯川村)、からむし織の里しょうわ(昭和村)の各道の駅で販売されている。

 大竹さんの作品は、色鉛筆を使って温かみのあるタッチで描かれ、人物の生き生きとした表情や、色彩豊かな奥会津の風景が特徴。カレンダーでは「カタクリの丘」「夏休み」など暦に合わせ、季節感のある作品を紹介している。

 大竹さんは「カレンダーを見て、奥会津の空気を感じてほしい」と話している。問い合わせは各道の駅へ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進