老舗の若旦那が和菓子作り指導 福島・飯坂、かわいい作品完成

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
参加者に作り方を教える氏家さん(左)

 福島県福島市飯坂温泉の旧堀切邸で4日、和菓子の練り切りを作る体験会が開かれた。交流人口の増加につなげようと市観光コンベンション協会が主催。地元の老舗菓子店「一味庵」の若旦那の氏家一浩さんが講師を務めた。

 県内外から15人が参加した。エプロン姿の参加者たちは、あん玉を包んだり、練り切りあんに線を入れたりする練習をした。最初は上手にできない参加者もいたが、氏家さんに教わりながら「菊」と「秋の庭」をテーマにしたかわいらしい作品を完成させた。

 体験会は25日と12月8日にも開かれる。12月8日は定員に達しており、25日分のみ申し込みを受け付けている。参加費は税込み2千円(土産付き)。問い合わせは同協会(電話024・531・6432)へ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進