【ふくしま紅葉だより】文知摺観音 真っ赤なモミジと悲恋伝説

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
モミジが真っ赤に色づき見ごろを迎えている文知摺観音の紅葉

 【福島】福島市山口の文知摺(もちずり)観音では境内の数百本のモミジが真っ赤に色づき、見ごろを迎えている。訪れた人たちが鮮やかなコントラストを描くモミジを写真に収める姿が見られた。

 同観音は9世紀半ばごろの都からの巡察官・源融(みなもとのとおる)と虎女(とらじょ)による悲恋伝説で知られ、小倉百人一首にも詠まれている。文知摺石や多宝塔などがある。松尾芭蕉、正岡子規らの文人が多数訪れ、句を残した。モミジの紅葉は今週いっぱいがピークという。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進