香港の品評会で最高賞 只見のコメ焼酎「ねっか」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
金賞を受賞したコメ焼酎「ねっか」

 只見町の焼酎製造販売会社ねっかのコメ焼酎「ねっか」が8日、酒の品質を競う本年度の「香港インターナショナルワイン&スピリッツコンペティション(IWSC)」で最高賞のゴールドメダル(金賞)を受賞した。

 同社によると、品評会は10回目で、アジアを中心に酒類が出品された。

 「ねっか」には町産の酒造好適米「夢の香」を使用し、県が開発した酵母「きらめき酵母」で醸造している。

 代表社員の脇坂斉弘さん(44)は「アジアがメインだが、認知度が低いコメ焼酎が評価されてうれしい」と受賞を喜んだ。

 同社の製品は英国で7月に開かれた「IWSC」の焼酎部門で銀賞を受賞した。国際的な評価が高まっており、全日空の国際線機内誌に掲載される予定という。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進