福島東稜高オリジナル「カレー」完成 桑の葉使用、ほろ苦い風味

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
福島東稜高オリジナルの「東稜カレー」

 青春がみなぎるおいしさ―。福島県福島市の福島東稜高オリジナルの「東稜カレー」が完成し、9日の同校創立60周年記念式典の出席者に配布された。

 同校食物文化科の生徒が考案。信夫山の鮮やかな萌葱(もえぎ)色をイメージし、桑の葉を使ってほろ苦い風味に仕上げた。2000個作り、このうち50個ほどはインターネットでの販売を予定している。

 カレー作りに関わった3年の生徒(18)は「大人向けの味で、どのレトルトカレーよりおいしかった」と笑顔を見せた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進