会津若松で建物3棟火災 1人の遺体発見、70歳男性か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 9日午後11時50分ごろ、会津若松市河東町、会社員、男性(50)方から出火、南隣の民家にも延焼し、木造2階建て住居2棟と作業小屋1棟の計693平方メートルを焼いた。50歳男性方から1人の遺体が見つかった。

 会津若松署は、出火後、連絡が取れていない50歳男性の養父(70)とみて身元の確認を進めている。50歳男性は逃げ出す際に、2階から飛び降り、足にけがをした。

 同署などによると、50歳男性方は4人暮らしで、出火当時は全員が家にいたという。南隣の民家は7人暮らしで、全員けがはなかった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進