福島県産モモに「虫歯」なりにくい成分 コメは二日酔い防止に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島大が来年4月に設置する食農学類の平修准教授は10日、イメージング質量分析と呼ばれる特殊な分析方法を用いた検査の結果、本県産のモモは他県産と比較して虫歯になりにくいことや、本県産のコメには二日酔い防止効果がある成分が他県産よりも多いことが分かったと発表した。同日、同大で開かれた日本農芸化学会東北支部の市民フォーラムで「見えないものを見る質量分析―食料分析への応用」と題して説明した。

 平准教授は本県産のモモについて他県産と比較して香りが強く、カロリー控えめで虫歯になりにくいと紹介。本県産のコメについては他県産と比べて二日酔い防止や肝機能改善に有効な「アルギニン」などの成分が多く含まれることが分かったと説明。その上で「質量分析で分かったこれらのデータを商品の強みとして売り出すことができる」と話した。