歴史学者・朝河貫一の業績再評価へ 学術研究会が発足

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
朝河の研究成果を報告する甚野教授=東京・早稲田大

 二本松市出身で米イェール大教授を務めた歴史学者朝河貫一(1873~1948年)の没後70年に合わせ、研究者による学術ネットワーク「朝河貫一学術研究会」が10日、発足した。

 朝河の母校である都内の早稲田大で研究会を初めて開き、朝河の著作から業績と思想を改めて評価し、現代の視点から国内外で生かす取り組みが始まった。

 主な活動は、年2~3回をめどに早大で研究会を開催するほか、朝河の書簡など膨大な資料を所蔵する県立図書館があることから、福島県にも軸を置く。

 朝河貫一博士顕彰協会との共催でシンポジウムを年1回ほど県内で開き、研究成果を発信していく計画だ。

 第1回研究会には約30人が参加した。発起人に名を連ねた甚野尚志早大文学学術院教授(福島市出身)、朝河の英文著作を和訳した矢吹晋横浜市立大名誉教授(郡山市出身)が「朝河貫一の歴史学と現代」をテーマに基調報告した。

 甚野教授は、日本と欧州の封建制を比較した朝河の研究成果を「日本史を世界史の中に位置付けた。日欧の封建制の類似性、再生の経緯を明確に分析した」と評価した。