ボランティアに理解深める 東京五輪・パラ、会津若松で説明会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
会津若松で開かれた説明会

 2020東京五輪・パラリンピックを支える大会ボランティアへの参加を呼び掛ける「東京2020大会ボランティア説明会IN会津」が10日までに、会津若松市の会津稽古堂で開かれ、参加者がボランティアの役割などに理解を深めた。実行委員会(鈴木謙代表)の主催。

 約20人が参加した。上智大ポルトガル語学科卒で長野五輪やサッカーの日韓W杯などの国際大会でアシスタントの経験を持つ鈴木代表が、会場の警備や選手団の送迎など体験談を交えながら、大会概要やボランティアの募集要項などについて説明した。

 実行委は同様の説明会を今後も開く予定。日程や会場は調整中。

 問い合わせは鈴木代表(電話090・8840・6196)へ。