チョキちゃん「Sマーク」PR 福島でチラシやマスクなど配布

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「Sマーク」をPRするチョキちゃん

 県生活衛生営業指導センターは10日までに、福島市のJR福島駅東口広場で、消費者が安心して利用できるサービス業の目印「標準営業約款制度」(Sマーク)をPRする街頭キャンペーンを行った。

 Sマークは「標準営業約款」の基準を満たした理美容業、クリーニング業、飲食業などに与えられ、安全・安心・清潔な店舗の目印として活用されている。消費者にマークの意味を知ってもらおうと、11月の普及月間に合わせて例年、キャンペーン活動を行っている。

 同センターと関係団体から約20人が参加。全国理容生活衛生同業組合連合会のマスコットキャラクター「チョキちゃん」と共に、Sマーク啓発のチラシやマスクなどを通行人に手渡した。