福島の老舗旅館「藤金」営業終了へ 12月末で150年の歴史に幕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島市中町の老舗旅館「藤金」が12月末に営業を終了する。ビジネスホテルが主流となった時代の変化を受け、150年の歴史に幕を下ろす。

 同旅館は1868(明治元)年創業。初代館主遠藤金治の名前から2字を取って屋号を「藤金」とし、防火対策から当時では珍しい蔵造り建築で営業を始めた。

 館内には76年の明治天皇の東北巡幸に同行した木戸孝允が同館に宿泊した際に残した「天知有道守」の横額や、大正時代に竹久夢二が亡くなった館主を思って描いた黒子の絵、福島民友新聞社の編集局長を務めた藪内喜一郎が作詩し、古関裕而が作曲した軍歌「露営の歌」の藪内自筆の横額などが飾られている。

 12月末までは宿泊や食事どころの営業を続ける。来年1月から建物の解体工事を始め、跡地には賃貸マンションを建てる。館内に残る文化財は今後、引き取り先を探すという。

 4代目社長の遠藤民一さん(71)は「多くの方の応援でここまで歴史をつなぐことができた。感謝しかない」と話している。