海外クルーズ船誘致へ モナコの船会社、いわき・小名浜港を視察

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
小名浜港を視察するパトリーさん(左から3人目)

 東北経済連合会、東北運輸局、東北観光推進機構の招きで来日している、モナコの船会社シルバーシークルーズの配船担当責任者が9日、いわき市の小名浜港を視察し、寄港地の候補として適しているかなどを確認した。

 東北の外国人旅行者増加を目指す訪日プロモーション地方連携事業の一環。4~9日の日程で、同社の配船計画担当マネジャーのフレーダリック・パトリーさんが同港や新潟県の新潟港周辺の観光地を巡った。

 いわき市では、8日に同市の白水阿弥陀堂や金沢翔子美術館などを視察。9日は同港のほか、アクアマリンふくしまなどの観光施設を見て回った。

 パトリーさんはいわき市について「魅力的な観光地が多い」と評価。一方で、クルーズ船の寄港場所について「船から見える景色も大事。商業施設に近い方が理想だ」と話した。