福島県出身社長4社タッグ コラボ商品、古里への思い結集

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
新商品「ポテトチップス粗挽きマスタードソーセージ風味」

 福島県出身者が代表を務めるヨークベニマル(郡山市、真船幸夫社長=同市出身)、テーブルマーク(東京、川股篤博社長=郡山市出身)、サッポロビール(東京、高島英也社長=伊達市保原町出身)、カルビー(東京、伊藤秀二社長=福島市飯野町出身)の4社がタッグを組み、18日に郡山市でコラボ商品のPRイベントを展開する。

 各社トップの古里復興・創生への熱い思いが結集し、初めての共同開催。

 サッポロビール監修によるカルビーの新商品「ポテトチップス粗挽きマスタードソーセージ風味」を19日から、東北地方のヨークベニマルとイトーヨーカドーで10万袋限定で販売する。新商品発売を前に、同市のヨークベニマル横塚店の店頭で記念イベントを開催する。

 イベントには真船、高島両社長をはじめ各社の役員らが出席し、新商品の試食販売を行う。県内工場で製造しているテーブルマークの「ごっつ旨い 豚モダン」なども販売する。