殺人容疑2人再逮捕 鉄パイプで頭殴打か、会津美里・死体遺棄事件

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 会津美里町旭舘端の山林で4月、東京都豊島区南池袋、職業不詳、菅谷善明さん=当時(49)=の遺体が見つかった殺人死体遺棄事件で、会津若松署の捜査本部は13日、殺人の疑いで、自称会社役員天野十夢(32)=本籍千葉市、住所不定=と、無職大森遼(30)=宇都宮市=の両容疑者を再逮捕した。

 天野、大森両容疑者の再逮捕容疑は、3月15日午後11時から翌16日午前0時30分ごろ、会津美里町冨川の空き地で菅谷さんを殺害した疑い。天野容疑者らは鉄パイプのようなもので菅谷さんの頭を数回殴打したとみられる。

 捜査本部などによると、天野、大森の両容疑者は菅谷さんを殺害した後、遺棄現場の近くで遺体に残雪をかけて隠したとみられる。