飯坂線「7000系」との別れを惜しむ 鉄道ファンらに最後の雄姿

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
鉄道ファンらに最後の姿を披露する飯坂線7000系

 福島交通の飯坂線7000系(7105編成)の引退を記念した記念撮影会は11日、福島市の福島交通桜水車両基地で開かれた。廃車前の最後の姿を見ようと、鉄道ファンが訪れた。

 7000系は、日本初のオールステンレスカー。飯坂線には1991(平成3)年に導入された。老朽化などに伴う車両更新で、同社は全6両の7000系車両の廃車などを順次進めている。廃車になるのは今回の7105編成で5両目。

 来場者は、特別公開された運転席を見学。記念撮影などで往年の車両との別れを惜しんだ。来場した同市の県職員、男性(46)は「引退するのは寂しいが、感謝している」と話した。